アフターピルの特徴|アイピル(アフターピル)は女性の味方!避妊薬を用いた避妊

アフターピルの特徴

drug

避妊薬には低用量ピルとアフターピルが存在します。
低用量ピルはセックス前に服用、アフターピルはセックス後に服用することで、避妊効果を発揮する避妊薬となっています。
どちらも高い避妊効果を持っていることに加えて、最大の特徴は女性の意思だけで避妊をすることができるということです。
多くの方が利用しているコンドームは、男性のペニスに着用するものですので、男性が頑なに拒んでしまえばそれまでです。
また、あってはならないことですが、性的暴行を加えられた場合などもどうしようもありません。
しかし、アイピルのようなアフターピルであれば、そのあとからでも避妊をおこなうことができるので、最悪の事態だけは免れられる可能性が高いのです。
低用量ピルの場合、事前に服用しておかなければならないことから、思わぬアクシデントにはなかなか対処できません。
最悪の事態を回避するのであれば、アフターピルを常備しておくことが望ましいでしょう。

アイピルを含め、アフターピルは服用するタイミングによっても避妊確率に差が出てきます。
セックス後から72時間以内に服用すれば避妊することができるのですが、服用するタイミングは早ければ早いほど避妊確率が高くなっています。
24時間以内に服用した場合、ほぼ100%に近い避妊確率であることが判明しています。
72時間以内の服用でも効果はあるのですが、より確実に避妊するためにも、アフターピルを常備し、いつでもすぐ服用できるようにしておくべきでしょう。